• 2012-07-27 03:16:20
  • コミュニケーション
どうも、かなーりお久しぶりです。
岩永です。


怒涛の6月7月で、
あっという間に梅雨も山笠も終わっていました(笑)


もう打ち水の季節です★


2004年より福岡打ち水大作戦がはじまって、
もう8年!!いつのまにか中核を担う形で、
福岡打ち水大作戦の全情報を握っていたりするんですがw


昨年の天神地区一斉を市・WLT一緒になって仕掛け、
今年は2回目ということもあって、大きくなってきました★


この街全体で横を繋げて同じプロジェクトを大規模展開する、
おそらく日本で探しても福岡だけなんじゃないでしょうかね、
この都市規模でこれができるのは~。


ちょっと深夜なのでサラっと系でw


6月7月と講師・講演系のお仕事が続き
さらに福岡市の総合計画審議会委員にも選ばれ、
人前で話す機会が多いんです。


「伝わったことが、伝えたこと」


という言葉を数年前に広告業界の先輩に教えてもらって以来、
コミュニケーションに気を遣ってます。


ふつうは
「伝えたことが、伝わったこと」だと思ってますよね。


自分の発言100%が、相手の理解度100%という
とてつもない勘違い。


でも実際は、自分の発言100%が、
かなりよくて相手の理解度80%でしょう。
ましてや、言語は不完全ですから、きっと通常は50%も伝わってませんよ。


つなり、
「伝わったこと」が結局自分が「伝えたこと」になってしまうんです。


目の前にいる人(人たち)が、どんなふうに受け取ってくれるか
をひたすら頭の中で瞬時に考え言葉を選ぶクセができてますが、
最近、この真逆の人に出会いました。


けっこう人生の衝撃です。
真逆というのは、言葉選びが下手とかの逆じゃなくて、
「相手の話を引き出すのが非常に長けた人」です。


僕は、あんまりおしゃべりは得意じゃなくて、
目的やゴールがあるプレゼンは得意なんですが、
その人と話をすると、もうずーっと何についてでも話せます。
しかも、その人もどんな話にも付いてこれる。


ちょっと衝撃でした。


では、次回は講師・講演内容や福岡市総合計画審議会の内容について
触れる日記でも書こうと思います。

<<男たるもの・・・ | main | 杉山文野という男 >>
福岡テンジン大学とは
Calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
Search
Archives
Twitter

powered by chicappa!blog