ジメジメする中、
今日も汗をかきながら
福岡テンジン大学の設立に向けての
協力および支援のお願いのプレゼンをしてきました。

どうもこんばんは、岩永です。


現在、福岡テンジン大学は
設立に向けて、経営や営業や企画や運営など
一緒に汗かきながら動いているメンバーが15人くらいいます。


まだ開校していないため、
これを広げようにも、
「お手伝いしたい!」という人がいても
なかなかその舞台を用意できないのも事実ですが、
開校に向けて少しずつ企画も動き始めてきています。


ということで、昨夜
「授業企画会議」を行いました。


DSC07922.JPG

DSC07924.JPG


「福岡テンジン大学の授業って?」

「参加したい!と思う理由ってなんだろう?」

「参加して得られるものってなんだろう?」

「街にはどんな先生がいるか」


などなどを出し合っていきました。
とてもめんどくさい作業にも見えますが、
僕自身もこれに参加したメンバーも
「なんかちょっとめんどくさいなぁ」というところもありますが、
これを共有していくことで、
ある程度進む方向も確認しあえますし、
雰囲気なども掴めてきますからね。


と僕自身思ってます。


基本的には授業をつくるコーディネーターがいて、
それが本当に多種多様な人であることが望ましくて、
さらにその人たちが、それぞれ価値観もありますし、
今まで体験してきた人生も全く関連がなかったりして、
そんな中でごちゃまぜが起きた方が、

必ず新しい視点や考え方を取り込めると信じてます。



そう!
もともと博多は、大陸や本土や島々から
いろんなものが集まり、ごちゃまぜになってきた港。

今でこそ「福岡」ですが、
この地は長く「博多」としてそんな多様性あふれた港町でしたから。


このごちゃまぜができるのも
「福岡」だからこそ。だと思っています。


そう!
水と油がごちゃまぜになってこそ、
ドレッシングができるのです。

野菜にかけても、肉にかけても
おいしいじゃないですか(笑)


ということで、
授業企画会議は、「共有」で終わりました。
今後も会議を重ねて「授業」がどんどん生まれていくと思います。


そして!!
「授業を企画してみたい」という方もいると思います。


「福岡テンジン大学、授業コーディネーター養成講座」


これも実現させたいと思ってますし、
前回の「説明会&ワールドカフェ」に参加した
非常に意識の高い方々も、再度意見交換したりできる
「振り返り」の場なども設けたいと検討しております。

興味があればぜひ、ご参加をしてみてくださいね。
では、暑苦しい梅雨に暑苦しい情熱を
今日も街で散らかしている学長でした。

<<楽しむ一歩 | main | 人生万事・・・ >>
福岡テンジン大学とは
Calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Search
Archives
Twitter

powered by chicappa!blog