• 2010-12-24 22:52:34
  • 無関心と想像力
メリークリスマス☆
今夜はクリスマスイヴですね!!


テンジン大学の表の参謀役をつとめる九大先生の田北さんの
ツイッターを見ると「娘が寝てて、今からプレゼントのラッピング」と。


こうゆうのは子どもがいないと体験できないですね。
なんかいいな~って思いました。


さてさて、
本日は、朝7時30分から
博多駅に集合して、


違法駐輪対策のチーム「b-cycle」(ビーサイクルと読む)に。


今日は、博多区長さんも参加でした。





実は、福岡という街は「違法駐輪が日本一な街」なんです。



数年前、天神地区が見事「日本一」を獲得し、
福岡市役所のお膝元、天神だけに行政と民間とで全力で取り組んで
なんとかお免返上。



すると今度は、
博多駅周辺が、見事「日本一」。



福岡市民、大丈夫??


とは言っても、
この公共交通機関網と、
平野の広さ、人口の多さ、
そして気候の暖かさからいくと、
関東以西では福岡がどうしても日本一になりやすい条件が。



ということで、
博多区と一緒に「b-cycle」が2009年9月に立ち上がったわけですが、
2009年の調査から1年。


2010年の調査では、博多区内、違法駐輪・・・



なんと・・・・・



半分以下になったそうです。
これには関係者みんなビックリ。

ひとえに「b-cycle」のチカラとは言えませんが、
それでも驚異的な話です。




ということで活動後に博多区長と全員で
対話というか、雑談会。



そこで、19歳の専門学校生が

「ぶっちゃけ最初は、ボランティアだし、面接に有利になると思って」

「でも2ヵ月くらいすると、街を良くしたいって気持ちが芽生えて」



そうです。
彼は、このチームに参加しはじめて変わりました。
自ら「こうしたい、ああしたい」と言うようになり、
参加者みんなに積極的にコミュニケーションをとったり、
人間的に成長を見せています。



他の専門学校の先生はこういいます。
「ボランティアは単発では、参加者の心を動かすことはなかなかできない、
 けど、この活動は“継続”するから、参加していると心が変わって、
 意識が変わって、成長する」


そうです。
継続こそ、一番力になります。


お金をかけてドーンとイベントしても、
「楽しかった」「すごい」の印象は残せても、
なかなか人の気持ちは動かせません。




僕が2004年2月に参加をはじめたグリーンバードは
もうすぐ7年間。



明らかに天神の街は変わりました。



拾うゴミが少なくなった。



というより、
ゴミを拾う人がかなり増えた。
が正しいです。



グリーンバードの僕らをみて、
「あれくらいだったら俺らにもできる」
とやりはじめた個人や企業が増えました。



テンジン大学も、継続することで意味があります。



小さな出会いと、気づきの蓄積が、
この街の可能性をどんどん膨らませて、
顔が見える街に少しでも近づき、
コミュニケーションが上手な人が増えていく。



それが、
社会と、個人をつなぐ場でもあると思ってます。



そう、
無関心と、想像力の欠如が、
いろーんな諸問題を生みます。


他人や街への無関心。

自分の行いが、他人や街へどう影響するかの想像力の欠如。


この2つを少しでも解決していけば、
そう、行政が税金を投与してやらなきゃいけない
たくさんの問題が、少し、解決していきます。


裏を返せば、
無関心が、社会の諸問題を生み、
社会的コストを増大させてるんです。


と熱く語ってもここではあんまり意味がないので(笑)




クリスマスイヴだし、もう帰ろう!!
明日は授業と、忘年会です☆



ではでは、
メリークリスマス♪


<<福岡の誇り | main | 師は走る >>
福岡テンジン大学とは
Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Search
Archives
Twitter

powered by chicappa!blog