• 2011-06-17 03:09:16
  • いまどきの教育論 その2
福岡テンジン大学の運営母体は、まだ実行委員会です。
そして私、岩永が委員長、つまり代表です。
任意団体です。


つまり、全責任が、今現在、僕ひとりにかかってる
というとても危険な状態です(笑)


はははー。
すでに1,400人近い学生登録があり、
過去に40近い授業を開催し、延べ1,200人ほどの参加がありました。


すごいなー。


でもですね。
これができるのも、ひとえに「ボランティアスタッフ」がいるからこそ。



なんか「ボランティア」って響き、僕は好きじゃありません。
自己犠牲みたいで。



でもお金じゃない、「何か」は絶対得られますから。
それがきっと「動機」になってると思います。



だからこそ、
僕は代表として「チャンス」や「成長する場」を
絶対に与えないといけない、と思ってます。



これがまた・・・



本当に感動する。
スタッフ、優秀な人ばかり。



自分がもし会社興してたら
みんな雇いたいです。



自ら考え行動できる。
決してワンマンプレーではなく、
情報共有から協力もできる。




そう、テンジン大学はチームです。
今はチーム岩永、って言ってもいいかもですが
この名も実力も実績もなかったチームが、
成長していってます。



この中にも
教育にかんするヒントがたくさん、あると思います。



今日はこのへんで。
九州大学での非常勤講師のお話、書かないとなぁ!

<<いまどきの教育論 その3 | main | いまどきの教育論 その1 >>
福岡テンジン大学とは
Calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
Search
Archives
Twitter

powered by chicappa!blog