• 2010-06-10 19:39:47
  • 命という時計の針は
説明会&ワールドカフェから
興奮冷めやらぬ日がつづいて・・・

ないです。
どうもこんばんは、岩永です。


今日は、ちょっと真剣なお話です。


「命という時計の針は、いつ止まるか誰も知らない」


当たり前ですよね。
でも、いざ「死」を認識すると、急に恐くなりますね。


それが自分ではなく、
自分が本当に大切に思っている人だったら。


両親、兄妹、息子、娘。

祖父、祖母、叔父、叔母。

恋人、友人、仕事仲間、そして・・・。

最愛なる人だったら。


「ある日」は必ずやってきます。
それが遅かれ早かれ。


僕は高校生のとき、そんな体験をしました。


ごくごくどこにでもある高校の昼休みの風景。
体育館で僕は、友人といつものようにバスケをしていました。

彼は突然、倒れました。
バタン、と。

一番に声をあげたのは僕でした。
最初はふざけてるんだろう?と思って声をかけましたが、
もう、すでに意識はなく、身体が痙攣を起こしていました。


でも、なにをすればいいのか。
僕にも、周りにいた友人にもわかりませんでした。
その日以来、元気に走りまわる彼には会えなくなりました。


119番通報があってから、
救急車が現場に到着するまでの平均は7.7分。

そして、その間にできることがあります。

最近、いろんなところに「AED」というのが
設置されているのを見たことありませんか?
またこの「AED」というのを聞いたことありませんか?


僕は、恐いです。
悔しかったです。

でも少し目をそらしてました。本当に。
だから、このAEDのことについて、
あまり知ろうとしてませんでした。

それが何なのか知っていながら。
でも、今は知りたいと思っています。


ちょうど団体として申込みできるので、
一緒にいきませんか??


AEDの無料講習会が、6月末より開催されます。
全5回ですが、どれかに行けばいいそうです。

とりあえず僕は6月26日(土)の会に行きますので、
これを見て一緒に行ってみようかな、という方は、
団体(福岡テンジン大学)として申込みするんで、
一緒に行きましょう!!


2010年 6月26日(土) 10時~12時
[定員50名]らしい

場所 : 福岡国際ホール志賀 (西日本新聞会館16階)
     (福岡市中央区天神1-4-1)
     ※大丸の横からエレベータで16Fへ

こちらに参加申込みフォームをつくりました!


当日、特に集合とかはなく、福岡テンジン大学として
団体で申し込んでるので、名前を言えば大丈夫だと思います。
そんな感じでいいですか・・・?


主催:アリアンツ生命保険株式会社
講師:福岡応急手当て普及の会
後援:福岡県、福岡市
お問合せ:(下記リンク先に掲載されています)



その他の日程で、行く!という方は、
福岡県の「ふくおか協働Web」に詳細があります。


「そのとき」がいきなりやってきても、
なにも知らなくて後悔したくないので、
過去のトラウマを、勇気を出して1歩を踏み出そうと思います!!

AED、普通に全国民、知ってていいと思うんですけどね~。

<<興味のある方を募集 | main | 福岡テンジン大学 説明会レポート >>
福岡テンジン大学とは
Calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
Search
Archives
Twitter

powered by chicappa!blog