• 2011-03-29 02:30:44
  • 年度末
image.jpg

これは、3月26日(土)のスタッフ打ち上げで
眠気と酒で、ぼさーっとしとるときに
ふいにドッキリでスタッフたちからもらったプレゼントです。


嬉しいプレゼントに、心がギュっとなりますね。
今は、事務所のテーブルにいけてます。
本当に感謝してもしてもしきれないくらい、
スタッフみんな、最高な仲間です。


誰かが言ってくれました。
これがチーム岩永か、って。

誰かが言ってくれました。
そのチームづくりのコーチングを見習いたい、と。


なんの得意なものもない、
ただ想いと愛嬌と体力しかない僕に
できるのは、みんなが気持ちよく動ける環境をつくること。
スタッフは、テンジン大学の宝です。





思えば年度末。


1年くらい前だったかな。
福岡の街を火の玉のように放火して
プロジェクトやイベントを起こしていくプロデューサーの先輩から

「テンジン大学をやるのは岩永くんしかおらんっちゃけん、
 岩永くんがやらんと、はじまらんよ」的なことを言われて。

先輩から背中をおされたというか、
蹴飛ばされた感じでしたが。


そして4月にツイッターとブログが誕生。
4月より設立支援サポーターを募集する動きで
福岡の企業を回り、6月にあすみんんで説明会。
8月にはホームページが完成し、オープンキャンパスを実施。
そして9月に開校し、あとはいっきに時が駆け抜けました。



福岡テンジン大学は、カタチが常にありません。
でも、「そこ」に存在しています。



僕ひとりの大学ではなく
支えてくれるスタッフがいてはじめて成り立っています。
そして参加してくれる人がいて、
協力してくれる先生がいて、
賛同してくれる教室やサポーターの方々がいて。


まさしく「みんなでつくるテンジン大学」になってきました。


今は、年度末ということで
いろんな決算業務やら、
本業の仕事でのWEBリニューアルやらもかぶり
3月いっぱいは本当に200%で駆け抜けています(笑)


来年度は
「チャレンジ」です。


4月からの1年間は、
いままで半年でできた基礎をもとに
「持続可能なプロジェクト」へのチャレンジを築いていきます。


そう!!
独自で財源をしっかり確保できる組織と仕組みづくりです。


これができなければ
想いを持って集まり、同じ時間を共有してきてる仲間たちが
それぞれ刺激し合い、成長し合う場がなくなります。
すでに1,100人を超えたテンジン大学の学生たちが悲しみます。
福岡の街の可能性が埋もれたままになってしまいます。
授業を通じて出会えたであろう気づきや化学変化が起きなくなります。


そうならないために
4月以降は、事務局の体力も考慮して
少し授業数を調整しながら走るように決めました。


今までは
授業を企画する、運営することでいっぱいいっぱいでしたが
余裕がないと、次に向かって走れません。


スタッフからの応援メッセージと
気持ちを胸に、がんばるぞ!!


さて、家路につきますか~。

<<デビュー☆ | main | 集団 >>
福岡テンジン大学とは
Calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Search
Archives
Twitter

powered by chicappa!blog