• 2012-01-13 03:05:52
  • 2012年もリアルコミュニケーション

DSC_0008.jpg


明けましておめでとうございます☆
なかなかブログ更新が滞ってるまま、
2012年を迎えておりました。


先週の3連休の2日目に、
広島県に徹夜ですべりに行ってました。


元旦に初日の出見に、友人たちと山登りしたり
正月に映画「岳」のDVDを見たので、
念願のスキーウェアを諦め、山登り用に使えるウェアを購入。
「岳」の小栗旬がカッコよすぎで、さっそく似たような格好から入ってます(笑)


今年は山登りなるべくたくさん行きたいと思います!


2012年、年末年始は意外にも本業でバッタバタしてて
年賀状もろくに書けずじまいで、
そのままの勢いで今に至ります。


明日はプレゼンもあり、今夜は企画書づくりに時間を費やしておりました。


2012年がもう12日終わりましたね、早い。
1年の30分の1が過ぎました。
月日は百代の過客とはよく言ったものです。


今年は「辰年」で変化の年とか、昇る年とか言われてますが、
変化も成長も「引き続き」がんばっていきたいと思います。


今年の個人的・テンジン大学の方針は「土台づくり」。


テンジン大学は今年度中にNPO法人になります。
しかし、まだまだ経営としては不安定。
昔40歳も年上の人生の先輩に教えてもらった経営哲学と
今まで勉強してきたこと、経験してきたことをフルに生かしながら、
多くのスタッフに支えられながら、テンジン大学を経営して参ります。

そこでやはり必要になるのが「資金調達」のための動き。
これが今、主要スタッフたちの関心事です。


来週もそのための会議をやりますし、
興味を持ってくださる行政・企業もいるので、
しっかり連携して、ソーシャルビジネスとして、
継続できる組織体制にもっていきたいと思います。


個人としては、30代として最初の1年を歩みはじめたので、
個人としては人生の土台を踏み固めることができる年代かなぁと。
20代までは、いろんな体験・いろんな視点・いろんな知識・いろんな出会い
をひたすら受け入れていたような気がします。

30代はそれらを土台として固めて、形にしていく。
といったところでしょうかね。


「コミュニケーション」という大きなテーマの中に
・人と人のコミュニケーションを「教育」として
・企業と人のコミュニケーションを「マーケティング」として
・まちと人のコミュニケーションを「まちづくり」として
この3つの仕事をやっていきます。


最近は、徐々に「教育」分野の仕事も作ることができはじめていて
昨年は大学に3回、専門学校に1回、小学校に1回行きましたし、
その他にも講演や執筆系のお仕事も出てきました。

「マーケティング」分野は、SP(セールスプロモーション)関連のものや
ツール制作からWEBコミュニケーションなど、幅広く引き続きやっていきます。

「まちづくり」分野は、グリーンバードやテンジン大学を通じて
行政の課題解決などで、まちのソフト面のお仕事を行っていきます。


この3つに一貫しているのがコミュニケーション。
今、とある企業から相談されていますが、
最近の若い人を中心に「コミュニケーションが~・・・」という話が多いですよね。


それについても
講師活動を通じて、リアルコミュニケーションを活性化するプログラムを
個人的にも提供していこうと思ってます。


でも、やっぱり8年間、
社会的な活動をやってきて実感しているのは
「多様性ある人たちとコミュニケーションをとる機会を増やす」
この習慣さえあえれば、勝手にリアルコミュニケーションは上達します。


今まで何人の男子が草食から肉食に変わっていったか・・・
そんな成長する姿を見てきてます。


2012年はもっともっと、
この街でコミュニケーションを叫んでいこうと思います(笑)


それでは今年も引き続き、
よろしくお願いいたします☆

<<街の遊び方 | main | 幸福をはかるモノ? >>
福岡テンジン大学とは
Calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
Search
Archives
Twitter

powered by chicappa!blog